初めての一人暮らしは価格が安いベッドがおすすめ

初めての一人暮らしは価格が安いベッドがおすすめ

初めての一人暮らしは費用がかかりますね
電化製品や家具などの生活用品は、なるべく安く抑えたいですね
初めての一人暮らしでは、あまり広いお部屋に住めないのでコンパクトなベッドがおすすめです
これからベッドの買い替えの事も考えて、価格が安く使い勝手の良いベッドを選んでみてはいかかですか

ベッドのサイズ

一人暮らしで一番選ぶベッドのサイズはシングルベッドですね
シングルベッドは普通の体格向けで、男性にも女性にも人気で選んで失敗しにくいベッドです
でもこのサイズのベッドでは狭いと思う方もいます
セミダブルベッドはシングルベッドでは狭いと感じる、体格のいい方やぽっちゃりした体形の方向けのベッドです
幅がシングルベッドより20cmも広いので、体格がある方に人気です
ベッドでゆったりしたいので、大きいサイズのベッドが欲しい方もこのサイズのベッドはおすすめです
セミシングルベッドは体が小柄で細身の方が、シングルベッドは少し大きいのでもう少し小さいサイズのベッドが欲しい方向けのベッドです
セミシングルベッドは、シングルベッドより幅が10cmから20cm狭いので、細身の方でもベッドの幅が余る事がないです
ショート丈のベッドは、ベッドの長さが180cm(マットレス部分の長さ)のベッドです
普通のベッドの長さは195cm(マットレス部分)で、身長の低い方はそんなに長いベッドは長さが余りますね
このサイズのベッドは、小柄の女性に人気があります

収納ベッド シングル【Fleur】【ポケットコイルマットレス:ハード付き】 ホワイト 棚・コンセント付き収納ベッド【Fleur】フルール

一人暮らしが選ぶベッドのサイズ

今までの実家での成果湯と違い一人暮らしでは、ベッドのサイズを自由に選べないですね
ワンルームなどの狭いお部屋では、ベッドを置くスペースを多く取れないです
6畳から8畳のお部屋に、テレビボードとテーブルを置くてシングルベッドを置くのが基本です
シングルベッドでは狭いと感じる方は、少し大きいセミダブルベッドを選び
シングルベッドは大きいと感じる方は、少し小さいセミダブルベッドを選びます
セミシングルベッドの幅は80cmから90cmで、セミダブルベッドは幅が120cmあります
セミシングルベッドとセミダブルベッドでは、ベッドの幅が30cmから40cmもあります
寝心地も変わってきますが、ベッドが占めるスペースも変わってきます
自分の体に合うベッドのサイズはどれなのか
お部屋にどのサイズのベッドを置くのがピッタリなのか
よく考えてベッドのサイズを選びましょう

ロフトベッド ロータイプ【trois】高さが選べる宮付きパイプロフトベッド【trois】トロワ
お姫様ベッド

一人暮らしの期間が短い場合のベッドの選び方

これから一人暮らしを始める学生さんは、1年から4年程度の短期間の一人暮らしになるケースが多いのではないでしょうか
卒業したら親元に戻って生活をするなら、なるべく価格の安いベッドを選びたいですね
折りたたんで使える折りたたみベッドは便利ですね
夜はベッドで寝て朝起きて使わない時は、折りたたんで片付ける事ができるのでワンルームなどの狭いお部屋に最適です
短期間の一人暮らしでベッドを引っ越しの時に処分する方は、価格が安い折りたたみベッドが良いでしょう
マットレスと一体になった商品が多いので寝心地を重視しする方は、マットレスと一体化していない商品を選びましょう
脚付きマットレスベッドも、ベッドフレームがないシンプルな構造なので値段が安いです
金属を組み立てたパイプベッドも、とてもシンプルで安いですね
パイプベッドは、マットレスとベッドが一体になっていないので、好みのマットレスを選んで快適に寝る事が出来ます
パイプの組み合わせで出来たロフトベッドも、パイプベッドと同じで価格が安くマットレスを選べます
ベッドに睡眠以外に機能が必要ないなら、このシンプルなベッドがいいのではないでしょうか
短期間の一人暮らしでは、シンプルで価格が安く買い替えやすいベッドで十分でしょう


一人暮らしが長くなる場合のベッドの選び方

学生生活が終わっても就職をしてそのまま生活をする方や、就職で一人暮らしを始めた方は今住んでるお部屋での生活が長く続きますね
もっと広いお部屋に引っ越しをする場合もありますが、今のお部屋の生活が続く場合は寝心地の事を考えてベッドを選びたいです
折りたたみベッドや脚付きマットレスベッドを選んでも良いですが、ベッドにマットレスが一体化しているのでマットレスがへたるとベッドを買い替える必要があります
長く使うためには、マットレスと一体化していない商品を選んでください
パイプベッドは、価格が安く長く使う事が出来ます
収納庫が付いて収納付きベッドは便利なので欲しくなりますが、価格が高くなるので買い替えるベッドには向いていません
引っ越し先でも収納付きベッドを使いたい、そんな方は初めての一人暮らしで選んでもいいでしょう
寝心地を重視するなら、ベッドの高さが低いローベッドも良いでしょう
寝心地を良く価格の安い商品もあるので、自分が購入できる価格帯のベッドを選んでください


まとめ

初めての一人暮らしでは、ベッドにそれほど予算を使う事が出来ません
価格が安く寝心地の良いベッドがあればよいですが、価格が安いベッドは寝心地が悪い場合が多いです
ベッドを短期間しか使わない場合は寝心地よりも価格重視でいいですが。長く使うなら少し価格が高くなっても寝心地の良いベッドを選んでも良いでしょう
寝心地はマットレスで決まります
価格の安いベッドを選ぶなら、折りたたみベッドの場合マットレスと一体化してない商品や、マットレスを選べるパイプベッドやロフトベッドを選んでみてはいかかですか


この記事へのコメント